伝えたいものをスキャン、ARで表示、カタチをシェア

カタチスペースとは

物体のカタチをそのままシェアできる
“カタチ共有サービス”

あなたの大切な思い出やアイテムを、忘れずに心に留めるにはどうしますか?
写真を撮ったり、ビデオに残したり、保存の方法は様々です。しかし、もし出来るならその時の姿カタチをそのまま、見たいときに目の前に出したいとは思いませんか?
カタチスペースはあなたの大好きなものを、姿形そのままにスキャン撮影して3Dデータにして残せるサービスです。

撮影したデータ【カタチ】は、ARで表示して思い出を振り返ったり、大切な人へリンクを送ってシェアしたりと使い方は自由自在。

さぁ。大切な思い出を持ち歩こう!

カタチスペース アプリ

アプリ内の撮影機能を使って写真感覚で撮影をすると"カタチ"が簡単に撮影できます。撮影後、カタチデータをクラウドにアップロードするとすぐに利用可能です。
2020/04/15 Version 1.1.0配信

カタチスペースをアップデートしました!

アウトカメラによる3D撮影

ユーザーからの要望が多く寄せられていた、アウトカメラでの3D撮影モードに対応しました。3D撮影を簡単に行うことができます。
※3D撮影はデュアルレンズ搭載の機種が対象になります。

2D撮影モード機能

シングルカメラで撮影ができる2D撮影モードを追加。インカメラ・アウトカメラ、それぞれで撮影ができ、IPhone8以前の機種でもカタチの作成がお楽しみ頂けます。
※2D撮影で作成したカタチは平面のデータになります

大きさ調節機能

カタチの大きさ調節機能を追加。大きさを確かめながらカタチを作成できます。

カタチスペースの特徴

写真を撮るだけで簡単にカタチを作成

カタチスペースアプリの撮影機能で好きなものを撮影すると立体的な「カタチ」が完成!
撮影をして背景、床面を自分の好きな位置に調整するだけで作成できます。

ARで目の前にカタチを実寸表示

作成したカタチはARで見ることができます。
本物と同じ実寸サイズで表示されるので、大きくて持ち運べないものや残しておきたい記録など、姿形そのままに残せます。

リンクで簡単にカタチをシェア

カタチはリンクを共有するだけで誰でも見ることが可能。
遠くの相手にシェアしたり、SNSへ投稿すればみんなとカタチが共有できます。

おすすめのカタチを見る

カタチスペースに投稿されたカタチを見ることができます。
スマートフォンの方は『カタチを置く』をタップするとARモードが立ち上がります。

動作環境

カタチスペース アプリ

※特許出願中

デバイス:iPhone6S以降OS:iOS13以降 

カタチスペース ウェブサービス

■iOS
OS:iOS12以降 
ブラウザ:Safari
デバイス:iPhone 6S以降
■Android
OS:Android9 以降
ブラウザ:Chrome
デバイス:Google ARCoreがインストールされている端末

事例紹介

カシカのコーポレートブログです。
カタチスペースの使い方の詳しい説明や、事例の紹介など随時更新しています。
READ MORE

法人利用をご検討の方

詳しく見る